身体の疲れ方(6月版)

6月は左の骨盤が開ききって、右が開きはじめるとき。

左側に痛みが出やすくなってきます。

また全体的に身体のゆるみが進んでくるので、膝や肘に疲れがたまり

痛みがでやすい状態。

それに伴い、下っ腹が固くなり、腸の動きが悪く、便秘や肌荒れ(アトピーなど)になりやすくなります。

左半身がゆるみやすくいため、メンタルの影響が身体にでやすい時期。

ストレスをためやすく、身体の巡りも悪いので、浮腫や腫瘍ができやすいので注意。

 

整体効果が発揮されやすい時期ですね。